エントリー

電気工事業界について

ABOUT

電気工事業界について

電力が主体となっていく時代に

建設需要の増加により電気工事業界の市場規模も年々大きくなっています。
電気工事士は生活者の身の安全を守る“縁の下の力持ち”な存在です。

私たち電気工事事業者は、電気工事の欠陥による災害の発生を防ぐため、「電気工事士法」、「電気工事業の業務の適正化に関する法律」の2つの法律に基づき、電気工事の安全の維持に努めなければなりません。
漏電、感電、発火などの事故が起こらないように工事をおこなう必要があります。その工事は電気工事士が必ず行わなければなりません。
近年、建設需要の増加により電気工事業界の市場規模も年々大きくなっています。一方、電気工事業界の課題として電気工事士の人材不足が挙げられています。
資格を持つ者が作業をしなければならない法律がある以上、ITやロボットなどの代用が効かない業務というのが原因の一つです。
電気工事士は生活者の身の安全を守る“縁の下の力持ち”な存在です。
また、IT(インターネット)の活用、電気エネルギー需要(エコ傾向化)により多様性が求められてくる存在でもあります。
今後益々電力が主体となっていく時代に、今後も無くならない仕事と言われている電気工事士に就いてみてはいかがでしょうか。